料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

作り置きで中途半端な余り野菜を上手に使うコツ

最近も出張料理のご依頼多くいただいております。ありがとうございます!

本日は初めてお伺いするお客様のお宅へ。お買い物の代行はなく、3時間フルで使って16品のお料理を作り置き。

このお仕事を始めた当初に比べるとレパートリーが増え、作業効率も上がった結果、

  • 一品一品のクオリティを高める
  • ご利用者様のお悩みに寄り添う

というところに注力できるようになってきたと感じます。

 

今回は、↑のこととに直結はしないのですが、一気に何品も調理をする際に私が実践している、

作り置きで中途半端な余り野菜を上手に使うコツをお伝えします。

 

▼本日のメニュー。

 

f:id:hironosaori:20180605205628j:plain

 

  • 自家製照り焼きチキンロール
  • 豚肉とお野菜の中華炒め
  • 真鯛の和風あんかけ
  • あさりとキャベツの蒸し煮
  • 厚揚げの南蛮漬け
  • ほうれん草とニンジンのオーブンオムレツ
  • カブとホタテの洋風ミルク煮
  • カブの葉とゆで卵のマヨサラダ
  • ほうれん草の胡麻和え
  • にんじんといんげんの白和え
  • 新玉ねぎとトマトのマリネ
  • キャベツのゴマナムル
  • キュウリの酢味噌和え
  • エリンギのバター醤油
  • ピーマンと卵のじゃこ炒め
  • お味噌汁

 

一気に調理する際は、どの料理にどの食材をどれくらい使おうというのが難しいところ。

思うままに調理していくと、中途半端に余る食材が出てきてしまいます。

 

そこでオススメなのは、どんな余り食材(特にお野菜)も入れられるようなメニューを最後に残しておくこと!

 

本日のメニューについては、

  • ほうれん草とニンジンのオーブンオムレツ
  • キャベツのゴマナムル
  • 豚肉と野菜の中華炒め
  • お味噌汁

これらに使用した野菜は、中途半端に余った野菜や、そのお宅に比較的潤沢にある食材です。

 

余り野菜を使ったとは思えないようにするには、料理のテイストと食材が合っていることがポイント。

今回は、キャベツ、小松菜、ニンジン、玉ねぎが残っていたので、

洋風のオーブンオムレツには、ほうれん草とニンジンを。

中華系のナムルや肉野菜炒めには、小松菜や玉ねぎ、キャベツを。

というような考え方です。

 

ご自宅で作り置きする方などはぜひご参考にしてみてください!

 

ご依頼もお待ちしております♪

 

sharedine.me