料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

食べても満腹感が得られないのはなぜ?

f:id:hironosaori:20180208172247j:plain

 

食べても食べても満足しないという時ありませんか?

管理栄養士としてどうなのかと思われてしまうかもしれませんが、私もたまにあります。。笑

【ストレスで食べ過ぎる】などもよく聞くフレーズですよね。ただ、「ストレスがあるからしょうがない」と開き直ってしまうと肥満まっしぐら!

なぜ食べ過ぎてしまうのか、しっかり原因を把握し改善に向けて状況を整えることが重要です。

 

まず、満腹感とは?

脳の視床下部とよばれるところは、摂食の調節をする中枢です。

食事をすると、食物中の糖類が分解・吸収されて血糖値が上昇します。血糖上昇はだいたい15分~2時間後くらいまで持続しますが、この血糖上昇の刺激が視床下部に伝わると満腹感が生まれるのです。

さらに、血糖濃度が上昇すると膵臓からインスリンが放出されますが、このインスリン自体も食欲抑制に働きます

 

そのほか、満腹感・空腹感に関わる物質として有名なものが、ノルアドレナリンセロトニンヒスタミンドーパミンなどのモノアミンです。ノルアドレナリンは食欲促進物質として、セロトニンヒスタミンドーパミンは食欲抑制物質として知られています。

 

 

他には、ホルモンにも食欲に関わるものがあり、先ほどのインスリン(食欲抑制)やレプチン(食欲抑制)、グルココルチコイド(食欲促進)などです。

 

<ここまでのポイント>

  • 血糖値が上昇すると脳は満腹感を感じる。
  • 体内のモノアミンやホルモンの中には、食欲促進、食欲抑制に寄与する物質がある。

【食欲増進】

ノルアドレナリン、グルココルチコイド など

【食欲抑制】

インスリンセロトニンヒスタミンドーパミン、レプチン など

 

 

ではなぜ食欲がコントロールできなかったり、満腹感が得られないときがあるのでしょうか?

 

<ストレスが原因の場合>

ストレスは大脳皮質で認知されて視床下部へ伝わり、結果的にグルココルチコイドの分泌が高まることが知られています。

グルココルチコイドは、食欲促進に働くホルモンでしたね。

また、ストレスによって、食欲抑制に働くセロトニンが減少・機能低下することも、ストレスで食べ過ぎることに関わっていると考えられています。

 

<ストレスが原因でない場合>

満腹感を生み出す血糖上昇に理由があるかもしれません。

例えば、糖になる炭水化物が少ない食事では、満腹感のポイントになる血糖値が上昇しません。

あるいは食事が短時間の「早食い」だと、血糖が上昇する前に食事が終わってしまい、食後に満腹感を得られていない可能性があります。

よく噛まないことも原因です。唾液中のアミラーゼによって、主にご飯に含まれる「デンプン」は分解されて、ブドウ糖グルコース)になります。口の中であらかじめブドウ糖に分解されている場合、血糖値もすみやかに上がります

 

なので、満腹感を得られるようにするには

  • 極端に炭水化物(糖質)が少ない食事を控える
  • ゆっくり時間をかけて食べる
  • よく噛む

単純ですが、これらが大切です。

「満腹である」と感じるのは脳なので、脳にそう感じさせるように体内の状態を整えることが大切ですね。
食欲のコントロールが出来ていないようなときは、ぜひ思い出してみてください!