料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

科学的に美味しく料理をつくる方法と、食べ物の栄養効果について、レシピ付きで分かりやすく解説しています。

料理すること、食べること。管理栄養士 廣野沙織のブログ

サクサクかき揚げにするには(レシピ付)

f:id:hironosaori:20180117164147j:plain

<桜エビと菜の花のかき揚げ>

 

揚げ物はとっても難しい。失敗するとべちゃっとしたり、ふにゃふにゃとした仕上がりに。

特にかき揚げや天ぷらは、ゆるい生地(バッター)にからめてから揚げる料理で、最後に粉をまぶす唐揚げなんかより難易度が高いと思います。

 

かき揚げや天ぷらは、揚げることにより生地に含まれる水分が油と入れ替わります

サクサクした軽い衣に仕上げるには、生地の水がうまく脱水されることが大切で、そこで最も重要なのがグルテンの形成をなるべく防ぐことです。

 

小麦粉に含まれるタンパク質「グルテニン」と「グリアジン」は水を加えると吸収してからみあい、網目状の構造(=グルテン)をつくります。

なるべくグルテンが形成されないように、かき揚げや天ぷらの生地をつくる際には

タンパク質の少ない薄力粉を使い、冷水で粉を溶き、短時間で混ぜ終える!

ことが大事です。

 

逆にパンや麺を作る際には、粘弾性や伸展性のあるグルテンが必要なので、強力粉を使ったり、生地をねかすことでグルテンを形成しています。

 

~*~レシピ~*~

 

桜エビと菜の花のかき揚げ

 

【材料(2人分)】

  •  釜揚げ桜エビ 25g
  • 菜の花 1/3束
  • 玉ねぎ 1/2個
  • 小麦粉 大さじ1

 <生地>

  • 小麦粉 大さじ4
  • 冷水 大さじ4

【作り方】

  1. 菜の花は水で洗い、キッチンペーパーで水気をふきとる。葉とつぼみ部分はざく切り、茎は千切りにする。玉ねぎは細めのくし切りにする。
  2. ボウルに1と桜エビを入れ、小麦粉大さじ1を具材全体にまぶす。
  3. 生地をつくる。小麦粉と冷水を合わせ、さっくりと混ぜたら2に加える。
  4. 揚げ油を熱し、生地を少し垂らすと浮いてくる程度の温度まで加熱する。お玉の上で3をまとめ、滑らせるように揚げ油に落とす。
  5. 1分半~2分ほど揚げたら引き上げる。